デビットカードを比較! TOP → デビットカードについて 店舗側にも嬉しい利点

店舗側にも嬉しい利点

デビットカードは利用者だけでなく、店舗側にとっても多くの利点があります。クレジットカードの場合は入金時期が月2回程度なのですぐに回収することが出来ませんが、デビットカードは即時決済、即入金ですので、確実かつ効率的に売り上げの回収が素早く行うことが出来て資金繰りも円滑になるのです。

代金をすぐに回収することが出来るというのは店側にとっても嬉しい利点と言えるでしょう。一般的に利用者が支払った代金は基本的には3営業日後には入金されるので、お店としても現金のように回収できます。

またクレジットカードの手数料が4〜7パーセント必要となるのに比べ、デビットカードは2〜3パーセントと低めの手数料に設定されているのもお店側としては大きな利点となっています。加盟店の支払い手数料は金融機関との交渉次第ですが、一般的にクレジットカードよりも少ないコストで済みます。

もしデビットカードが進めばコンビニなどでもデビット決算が出来るようになるでしょう。もう1点忘れてはいけないのはお店側のメリットとして、現金を扱わないことがあります。

利用者が支払いをする際に金額を入力すればそれだけで自動的に処理されるので、決済の手間がありません。集金する手間もないのでお釣りの間違いや勘定の間違いなども起こることがありません。

これはつまりレジに現金を置く必要がないということです。現金を置かないということは強盗などに狙われることもなくなるということなので、防犯性も優れることになります。

釣銭の両替やレジに大きな金額をおいておく危険性を考えるとデビットカードの利点はとても大きいでしょう。


デビットカードについて


遺品整理 岐阜
遺品整理を岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!

プラビックス
プラビックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!