デビットカードを比較! TOP → デビットカードについて デビットカードの付帯保険

デビットカードの付帯保険

クレジットカードには付帯保険というものが付いてきます。基本的な保険としてはカード盗難保険というものがあり、クレジットカードを盗難もしくは紛失して悪用された場合には被害金額が補償されることになっています。

その他の代表的なものには海外旅行傷害保険やショッピング保険、盗難保険などがあります。これらは例えば、カード利用者が海外へ行ったときに事故にあった時など補償を受けることができます。

カードを利用してショッピングをした際に破損してしまった場合などでも保険がでます。しかしデビットカードにはこれらの保険は基本的にはついていません。なぜならデビットカードはクレジットカードではなく、キャッシュカードの一部として認識されているからです。

そのため盗難保険といって、デビットカードが盗難されてしまった時に損害が発生したときなどは保険がある場合があります。クレジットカードには年会費があってデビットカードには年会費がなく、店舗側の手数料が少ないのはこうしたことがあるためです。

しかしデビットカードを使用してお金が引き落としをされた後に、その口座から現金を全て抜いておくようにしましょう。デビットカードを利用して買い物をする時にだけ、買い物をする前に引き落としされる口座にお金を振り込んでおけばいいのです。

少し面倒ですがこうすることによって、万が一デビットカードを紛失した場合でも悪用される心配が少なくなります。


デビットカードについて