デビットカードを比較! TOP → デビットカードについて セキュリティについて

セキュリティについて

カードを利用するにあたって気になるのが、セキュリティだと思います。デビットカードが導入された当初、セキュリティが甘いと指摘を受けることが多かったようですが、少し前にデビットカードには4桁の暗証番号を入力するPIN方式という方法が取り入れられており、クレジットカードなどのサイン式よりは、安全面で勝っていると考えられています。

ただ、暗証番号はATMで現金を引き下ろす時にしか使用しないものでしたので、人前で暗証番号を入力するということに、抵抗を持つ方も少なくありませんでした。そのため、これに対処するべく、百貨店や家電量販店などでは、手元が見られないように、レジで待っている後ろの顧客などに、下がってもらうように指導を行っていました。現在では屋根付きのキーパッドが導入されていますので、暗証番号が人に見えないようになっています。

しかし、それでも人前で暗証番号を入れるというのには少し抵抗がある、という人がいるために、キャッシュカードをそのまま利用できるデビットカードが考えられました。

従来のキャッシュカードというのはATMから現金を引き下ろすためにしか使用しないものでしたが、それをクレジットカードのように、物をその場で購入するために使用できるよう発想を転換させたわけです。そのキャッシュカードをデビットカードとして使用する際は、端末から暗号をかけたり、パケット通信を利用するなどのプロテクトがかけられるようになっています。

完璧なセキュリティーがなされているとは中々言えませんが、少なくとも以上のように、セキュリティ面や利便性の面でも試行錯誤をして着実に高めているようです。


デビットカードについて