デビットカードを比較! TOP → デビットカードを使おう インターネットバンキング

インターネットバンキング

ネット銀行では殆どの銀行でデビットカードを発行しています。それらのネット銀行はインターネットを利用してバンキングサービスを受けることができます。これをネットバンキングと言います。

インターネットバンキングはパソコン端末などからインターネットを経由して取引をするサービスのことを言います。インターネット上からオンラインで振込、残高照会、お取引明細照会、定期預金取引、キャッシュカード暗証番号変更、ATMでのご利用限度額変更など、様々なことをすることが出来ます。

入力されたデータは保持されるので、いつ利用したかなども簡単に確認出来ます。インターネットバンキングでは実在の店舗がない分、経費を節減することができるので、各種手数料が安くなっているのです。

ネット銀行最大手のイーバンク銀行では他行への振込みは3万円未満で160円、3万円以上でも250円ですが、都市銀行ではそれぞれ262円と420円と最大170円の差があります。最近では殆どの都市銀行でインターネットバンキングサービスを提供していますが、手数料は210円と315円で、ネット専門の銀行よりも高い設定になっているのが現状です。

さらに殆どの都市銀行はJ-Debitというデビットカードサービスを提供している(これは加盟店がVISAよりも少ない)のに対し、ネット銀行ではVISAデビットを採用しているところが多いのです。VISAデビットの方が世界中の加盟店で利用でき、利用できる時間も幅広いですのでお勧めでしょう。


デビットカードを使おう


カーテン インテリア
モンルーペジャパン