デビットカードを比較! TOP → デビットカードを使おう 海外でのデビットカードを利用しよう

海外でのデビットカードを利用しよう

海外ではいたるところでデビットカードが使用されています。デビットカードは海外では電気、ガス、水道料金の支払いを始め、住民税や地下鉄の定期券の購入など様々なことに利用されています。

そのため海外ではカードの利用がとても便利になります。海外でのデビットカードは日本のJ-Debitと違い申し込みをして、キャッシュカードとは別に発行してもらう形態が主流となっています。VISAデビットカードは預金残高の範囲内での利用となるため、海外旅行で使う金額を計画的に決めて口座に入れておくことできます。

これによって残高以上買い物をしてしまうことはありませんので、使いすぎを防ぐことができます。海外旅行用の金額を全て外貨で持ち歩くことは危険ですので、VISAデビットカードでその都度必要な分をATMで引き出すという方法も良いでしょう。

クレジットカードのように海外旅行保険などの障害保健はありませんが、盗難保険はついているので万一の場合でも安心です。もしも残高のみしか利用できないと万が一の時に不安だという場合には、メインのカードとしてデビットカードで買い物をして、サブカードとして海外旅行傷害保険などが付帯されているクレジットカードを一枚持っていくといいでしょう。

クレジットカードの保険は海外で支払をして初めて保険が有効となるものと、出発した時点で自動的に有効になるもの、旅行パックなどの代金をカードで支払しなければいけないものなどがあります。また最近では、旅行会社と提携したVISAデビットカードが発行されています。

H.I.Sワールドキャビネットもその一つです。海外アシスタントサービスも付帯されているので、海外旅行を主体に利用したい方には便利なデビットカードと言えるでしょう。


デビットカードを使おう